ALL ARTICLES FILED IN

Digital Marketing Blog

一般的に認識される、マーケティングオートメーションの定義と機能とは?

Posted by デジマール執筆部 on 2019/01/11

20181216(3)マーケティングオートメーション(MA)を端的に説明できる人は、かなり少ないようです。どうして説明しにくいのかについては、理由があります。
この記事では、曖昧に理解されているMA、その具体的な機能に焦点をあてて書いていきましょう。

もくじ
1 マーケティングオートメーションとは
2 機能について
3 まとめ

1 マーケティングオートメーションとは

マーケティングオートメーション(MA)を定義すると、次のようになります。

A.以前は人がおこなっていた大量の作業や複雑な処理を、自動化できるツール。
B.一人ひとりのユーザーに対して、各チャネルを通して最適なメッセージを出し分け、関係性を築いていくためのツール。

Aは業務の効率化というビジネス視点、Bはユーザーファーストに立った解釈です。このどちらについても、ほとんどの人は理解しているでしょう。

しかしMAの解釈が曖昧になりがちなのは、この両方を可能にする実際の特徴や機能が、ツールによって大きく違うという理由でしょう。

先日もある企業のデジタルマーケティング担当者と話をしていたら、「あるベンダーとどうも話がかみ合わない。どうやらそのベンダーは、メール送信機能のみをMAと呼んでいたようだ」という意見が出ました。
確かにMAはメール配信ツールに置き換わる形で広まった部分があるので、その部分のみをMAとする解釈も可能です。
ただし先ほどのBに各チャネルと書いたように、MAは決してユーザーとの接点をメールだけに限定していません。
次はこうした機能面について、より具体的に見ていきましょう。

2 機能について

一般的にMAと呼ばれるツールには、次のような機能が備わっています。

(1)スコアリング
(2)シナリオにもとづく施策の実行
(3)メール配信
(4)レポート、分析
(5)リードの登録と管理
(6)各種ツールとの連携

この中で(1)が、MAならではの特徴といえるでしょう。

難しいのが(2)です。
機能としてはMAならではで、スコアリングと同じく必ず付いているものです。しかしこれをもとに実行できる施策は、ツールによって違います。
先ほどもメール配信のみがMAという感じで話が進んでいった、という例を挙げましたが、施策を実行できるチャネルはツールによって大きく差があります。また施策の充実度にも大きな差が出ます。

メール配信に力を発揮するもの、コンテンツの出し分けが強いもの、SNSとの連携が充実したものなど実にさまざまです。
MAの中にはCMS機能を含めていないツールもありますが、CMSをベースにしてMAの機能が充実したツールもあるので、その成り立ちやツールベンダーがどの機能に力を入れているかで特徴が分かれます。
この点がMAを具体的に説明しづらくしている理由です。

(4)以下についても、各ツールによりかなりの違いがあります。
特に(6)の各種ツールとの連携については、複数の外部ツールと連携してできることを増やしていく方針のツール、一つのツールまたは自社のツール群を使って機能拡充をしていくというMAに分かれる傾向があります。

3 まとめ

ここで紹介したように、MAの機能はかなり広範囲に、複雑化しています。
実際にデジタルマーケティングの担当者からは、「機能が使いこなせていない」という悩みをよく聞きます。
しかし、たとえば表計算ソフトのEXCELを考えてみましょう。
こちらもたくさんの機能がありますが、日常業務で使うのはものの数割程度のはずです。
EXCELと同じく、MAもすべての機能を使いこなせるようになる必要はありません。
自社のビジネスに必要なものをマスターすれば、それだけでかなりの成果を上げることができるでしょう。

MAツールのもう一つの悩みとして「不要な機能が多い」、逆に「必要な機能がなく、別の外部ツールで補わないといけない」という声も聞きます。
コストにシビアな中小の事業者は、こうした部分に非常にストレスを感じることでしょう。

私たちがHubSpotをメインで提供している理由の一つが、こうした不満の解消です。
HubSpotはもともとMAとCMSの機能をメインにしていて、さらにMAが日本に広まるタイミングで知られるようになったため、今もMAツールの一つとして捉えられることが多くあります。
しかし実際にはMAは機能の一部分で、それ以外のものが充実した総合プラットフォームです。
たとえばリード管理だけでなくCRMやSFAにも対応できますし、よりカスタマーサポートに特化した機能もあります。SEOや競合比較の機能は、他のツールに比べてもかなり特徴的です。
またこれらを一括でなく、必要なプランで選んでいけるというのもメリットです。
小規模事業者にとっても、かなり導入がしやすいツールといえるでしょう。

digimarlはHubSpotの正規パートナーです。お見積りから導入支援、日々の運用まで承っております。お気軽にお問合せください。
お問合せはこちら

Topics: デジタルマーケティング, HubSpot